ラボってみた

祭りの出店のあんちゃん達は一体いくら稼いでいるのか?実際に検証してみて、売上向上のためにやったこと。

どうも、トラパンツのいっぺーです。

祭りといえば出店ですが、あれってどのくらい儲かるものなのでしょうか??
そもそも、出店のあんちゃん達はいったいどこからやってくるのだろうか?

なんてことを皆さんも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
どの地域の祭りに行っても、同じ看板の出店があったりと、いろいろ疑問がありますよね。

さて、そんなこと考えだしたのは、本社の移転先がとある祭りの開催地に面していたからなのですが、 何をか隠そう「竿燈祭り」です。

毎年、8月3日~8月6日の4日間開催されており、延べ140万人という観光客が訪れる、 言わずと知れた秋田のビッグイベントです。
道路を完全封鎖して行われる祭りのため、この間は会社から一歩も外にでることができず、 完全に隔離されて家にも帰れない・・・これはいっそのこと祭りに参加するしかない!というわけで出店するに至ったわけです。

というわけで出店するにあたって、色々と調べてわかったことをまとめてみました。
(以下はあくまで、弊社の場合です。参考程度にご覧ください)

出店するにはどうしたらいいの?

売るものによりますが、何を売るにも臨時営業許可書が必要になります。
これは市町村ごとに決まりがあるので、詳しくはそちらを見ていただくとして、この時点で、何を、何処で、どのように売るというのが決まっていないといけないです。
弊社の場合、食品を扱いましたので、以下の点がポイントとなります。

  • どのような食品を販売するかのメニュー(腐りやすいものなどはNG)
  • 火を扱うので、水場はどこにあるのか記されたレイアウト図
  • ゴミ捨て場はどこにあるか
  • 衛生上問題ない設備がなされているか(屋根があるかなど)

申請にはおよそ1週間ほどかかり、数千円の手数料がかかりました。
また、火の取り扱いには消防届も必要となりました。
これらは保健所に相談することで案内してくれますので、まずは相談してみましょう。

ところで出店のあんちゃんはどこからやってくるの?

ずばり、地元の人達です。
ただ、全国的に見た場合、実態はどうなのかは正直わかりません。
というのも、調べていると、「テキヤは七割商品、三割ヤクザ」という言葉をよく目にします。これは「テキヤはどこからやってくるのか?」という有名な書物があり、どうやらそちらで語られているようです。興味のある人は読んでみてください。

また、どこへ行っても同じようなのれんを見かけると思いますが、当然そういった業者がいて、そこから購入しているから全国に同じような屋台が立ち並ぶわけです。
ただ、これはあくまで噂ですが、ヤクザが関わっていて、場所代の代わりにそういったセットを販売しているなんてことを聞いたことがあります。

213c12e5893997e11babbca7fc9f5089_s

とまぁ、一言で語れない深い話題であるということを言いたいわけです。

夏の祭りにはなにが売れるの!仕入れ編

夏祭りといえば、あれやこれや思いつくと思うのですが、いざ仕入れとなると色々と悩みだします。
そもそも、どのくらい売れるのかわからないわけですから、何を仕入れるにも適量がわからないのです。
今回、仕入れから物販まで担当した、コーヨー君に当時を振り返ってもらいました。

img_9763

コーヨー君:(竿燈祭りの出店っていったいどのくらいの売上になるんだろう・・・?

出店なんてやったことのないコーヨー君。途方に暮れていたところ・・・

 

2015-08-12_16-37-00_dsc_1876

とある経営者:「4日間もある祭りなんだがら、200万ぐらい、いげるべいげるべ!

 

2015-9-25_21-29-04_dsc_4579_400

コーヨー君:「マジっすか!ボロ儲けじゃないっすか!200万円万歳!

売上目標、200万円に決定

 

2015-08-12_15-37-12_dsc_1676-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

コーヨー君: 「祭りって言ったらルービーがなきゃハジマラネッス!

樽生ビール入荷

 

bd0e58e55b96d06f02465d3e236d948a_s

とある理容師さん:「ここだけの話、ベーコンって激熱なんだよね、絶対売れるから!

 

2015-9-25_21-29-04_dsc_4579_400

コーヨー君:「マジですか!言いごと聞いだッス!これで俺は200万円売り上げるんだー!ひゃっほーう!

ベーコン、30kg入荷!

その他に、フローズン生日本酒フランクフルト枝豆きゅうりの浅漬けなども仕入れし、メニューが決まりました。
このとき、まさかあんなことになるなんて夢にも思わなかったコーヨー君でした。それは後述にて。

いざ!物販!と、その前に屋台設営。

物販するにあたって、屋台を自作したわけですが、何分そんなこと経験したことがないので、勝手がわからず、初日はだいぶ準備不足でした。
竿燈祭りは人の通路が歩道になるのですが、大変混雑してしまい、ちょっと装飾しただけでは、人混みに埋もれてしまい、そもそも気づいてくれません。

なので1日目と比較して意識したのが、高い位置に商品名を大きく掲示することです。
俯瞰で見るとほんと目立ちません。

img_0204img_0875-1

このようにすることで、確かに客足は伸び、初日に比べ売り上げもあがりました。
ちなみに4日間は天候に恵まれ、猛暑の晴天と好条件の年となりました。
さて、ここでも4日間の出来事を振り返ってみます。

竿燈祭り1日目

ついに始まりました!毎年ながら大変な混雑具合です。

img_0494

トラ社員:「ビール冷えてます!いかがですかー!

ビールや焼き物、IT業界の我々にとってはなかなか見慣れない屋台の裏側です。

すっかり祭りのあんちゃんとなった社員たち。声を張り上げ商品を販売!商品はそこそこ売れていっているかのように見えました。
しかし・・・この日、厳しい現実を思い知る事になるのです。。

1日目終了!結果発表

・・・

・・

売上:8万円

 

_mg_5502

コーヨー君:(マジかよ・・・)

すっかり200万を売り上げる気満々だったはずが、1日目にして在庫を処分するのが目的になってしまいました。

コーヨー君:「というか、ベーコン全然売れてなくない!?まだ28kgあるんだけど・・!

img_1943

一言でいうと、その姿はまるで肉塊。 これはベーコンに見えません。

img_1943
そして噛み切れないほどの弾力をもっており、食べてみるとしょっぱすぎる。
そんなベーコンのお値段が800円ともなればさすがに売れないでしょう。

ちなみに他の商品は、客足に比例して売れていないだけのようだったので、ベーコンだけが課題となりました。
売上向上はもちろんですが、このベーコンをどう処分するか、反省会は深夜まで行われクタクタの1日目が終了しました。

img_0670

竿燈祭り2日目

初日の反省を活かし、2日目からは商品名を高々と掲示、そして、店を少し後ろに下げるという作戦にでました。
こんな感じに建物の奥へ。
img_0676
途絶えることのない人混みが、たとえ買いたくても立ち止まることを躊躇(ちゅうちょ)させているのではないかと思い、立ち止まれる空間を作りました。
そして、気になるベーコンはというと・・・

img_1053

しゅおぉぉぉ!

img_4670
ドン!
噛み切れない点は、小さくカットし解決。そして、葉っぱを添えることで、肉塊というイメージを払拭。値段も500円とワンコインにしてみました。

2日目終了!結果発表

・・・

・・

売上:10万円

_mg_5502

コーヨー君:「ベーコン全然売れてないよ!!なぜだ!なぜなんだ!!

ベーコンの残りの在庫24kg。さらなる改善が必要となりました。

竿燈祭り3日目

img_0590

前回の屋台配置は悪くなかったので、このままの作戦でいくことにし、ブースの装飾に磨きをかけました。会社の敷地も開放していたので、「無料休憩所」を強調し、さらに、賑わっている感を演出するために、休憩所を奥地から前面にもってきました。

2016-08-06-17-08-13

注目を集めるための催し物も設置し、カメラに映ると、まるでLive中継のようになるこんなギミックも仕込んだりといろいろな面が進化していきました。

そして、気になるベーコンも進化を遂げていました。

img_1053

しゅおぉぉぉ!

img_0137

ドン!

食品を購入した人は、食べ歩きしたいはず。
皿に盛り付けられたものは、座って食べる人を前提としていることに気づき、串焼きにする作戦に。噛み切れない点は、切り目を入れ食べやすいよう配慮しました。値段もさらに下げ300円に!

また、ビールのつまみに一口サイズのセット売りも始めました。

3日目終了!結果発表

・・・

・・

売上:17万円

2015-08-12_15-37-12_dsc_1676-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

コーヨー君:「うぉお!売り上げが伸びた!!

 

img_1407

コーヨー君:「ベーコンも結構売れたけど、でも、在庫がまだ大量に・・・このままでは赤字になるでよ・・(涙)

ベーコンの在庫残り18kg
果たして、このベーコンを捌くことができるのか・・!

竿燈祭り4日目(最終日)

3日目の売り上げが劇的に伸びたので、この日は同じ作戦でいくことにしました。

img_0966
最終日ともなると、みんなの顔にもさすがに疲労感がうかがえます。それでも声を張り上げ、客引きも全力で行いました。

コーヨー君の顔も一層と険しい表情。ベーコン残り18kg。最終日である今日、ここが正念場です。

果たして、あのベーコンはどんな進化を遂げたのか・・・

コーヨー君が出した結論はいかに・・・!

img_1053

しゅおぉぉぉ!

img_0169

ドン!

結論:100円

少しでも不良在庫をなくすべく 、とにかく投げ売り作戦にでました。もちろん原価割れです。
しかし当然、ベーコンは飛ぶように売れ、焼き物ブースは休む暇がありません。

みるみる少なくなっていくベーコン!初日からこんなペースで売りたかった!
でももうどうにもなりません。このまま最後まで焼き続けます。

竿燈祭り終了!

4日目も、過去最多の売り上げをだすことができ、良い結果となりました。売り上げにすると18万と、とてもいい感じです!

img_1490

コーヨー君もようやく祭りから解放され、その顔には達成感に満ちた表情を浮かべています。
果たして、ベーコンは売り切ることができたのか・・!

・・・

・・

14423813_872883382856688_403317599_o

ベーコン在庫、残り5kg

残念ながら完売には至りませんでした。しかし、とんでもないスピードで売れたことはうかがえたと思います。

結果発表!結局何が一番うれたのか?

仕入れの量や、価格も違うので基準点を作りにくいのですが、アラリー率でみていくと以下のようになりました。

  1. ビール
  2. きゅうり
  3. フランクフルト
  4. 枝豆
  5. 日本酒
  6. フローズン生
  7. ベーコン

ベーコンは状況が状況なだけに、どう順位付けしていいかわかりませんが、とりあえず当初のままだと確実にワースト1位になっていました。

やはり、冷たいものが圧倒的に人気があり、ビールは夏の祭りに欠かせないことが証明されました。
また、持ち歩きやすいもの、串ものがよく売れています。これは立ち止まりにくい祭りだからというのが大きいのでしょう。

そして、気になる総売上は・・!

53万円!!

当初の目標の4分の1という結果で終わってしまいました。ちなみにアラリーは数万円。あんなに頑張ったのになんとも悲しい結果に・・・

どうしてこんなに少なかったかといえば仕入れもそうなのですが、レンタルするものも数多くあったのもあります。
ちなみに経験者にこの売上を話したところ、大変びっくりしており、かなりいいほうだと教えてくれました。

つまり、本題である、「あんちゃんはいくら稼いでいるのか」の結論としては、小遣い程度には稼いでいるということではないかと思われます。

もちろん、売るものや、レンタルするものが少なければ、その分利益もあがるのですが、数百万稼いでいるということはなさそうです。

さぁ、というわけで今年の竿燈祭りはこんな結果となりましたが、この通りに面している以上、これはどうやら毎年続けていくことになりそうです。

最後に、コーヨー君に来年はどのようにしたいか尋ねたところ

img_1742

コーヨー君:「豚がいけなかったと思うんですよ、来年は牛でいきます牛で!
と、自信に満ちた表情で語ってくれました。来年もトラパンツビアヘブンをやりますので是非来て遊びに来てください!

 

尚、余ったベーコンはというと、後日社員のBBQ飲みで美味しく頂きました。

img_1618

まとめ

  • 出店をやるときは臨時営業許可書が必要
  • 許可書取得にはある程度内容が確定していないといけない。企画は早めに。
  • 暖簾は大きく上側に。
  • お客さんの立場を考慮し、食べやすい形態にすること。(食べ歩きなら串物にするなど)
  • 夏の祭りでよく売れるものはやはり冷たいもの!
  • 利益は小遣い程度なので夢はみないほうが無難
  • 仕入れは慎重に・・・

以上!